0829-86-0495
広島市佐伯区湯来町伏谷25-1

 

境内案内
お念仏は、私に向けられた仏さまのよび声

 浄土真宗の仏事の際には、必ずみなさんでご一緒にお念仏を申します。

このお念仏とは一体何なのか、あまり考えることなく口にされている方も多いのではないのでしょう。

 

 私たちの懐かしいお方は、阿弥陀如来さまのお力でお浄土へと生まれ、私たちの声となってはたらく「南無阿弥陀仏」という仏さまとなられました。そして私の声を通じて、「私がここにいるからね」と、私の耳に届くように名告りをあげておられるお姿が、このお念仏なのです。

 

 よって、真宗のお念仏というのは、仏さまに向かって呼びかけていくものではありません。自分が申すお念仏なのに、それは仏さまの呼び声でもあるというと、何だか不思議な感じがしますが、私たちが仏さまに向かうよりも先に、仏さまが私のところにいたり届いて下さってある。それをよろこばせていただくのが、お念仏の味わいであります。

 

 命終えてもなお、私たちのことを案じ続けて下さる、懐かしい方の願いをいただきながら、今日の一日を大事に過ごさせていただきましょう。

われ称え
われ聞くなれど
南無阿弥陀仏
つれてゆくぞの
親のよび声

Copyright (C) 2013 SAIKO-JI. All Rights Reserved.

広島市佐伯区湯来町伏谷25-1 0829-86-0495